空へ届く夢
words by しま♪さん

 

光放つ 掲げた手が 夜を揺らす
自由の月 静寂の星 虹が架かる夢

時はつまずきながらも巡る
悲しみを重ね 罪を背負う

凍えた頬 重ね合えば 痛みも消え
いつか聴いた 子守歌が 胸に降り注ぐ

雨はいつの日か 乾き癒す
新しい時代(とき)を迎える鐘

そしてあなたが照らす陽差し いつか笑顔きらめくまで

疲れ果てて 眠りにつく その髪撫で
空に帰す 永遠(とわ)の願い 正しさに迷う

思い出すように 風のメロディ
残されたモノは 純粋(きれい)なまま

そしてあなたの熱い想い いつか私を包むまで

そしてあなたの望む世界 いつか祈り届く日まで

 

オイオイ歌詞だけじゃワカランぞ、曲を聴かせろよこの野郎、という方はこちらへどうぞ→倉庫